レーシックの成功例

成功と失敗の違いとは?

「レーシック難民」などといわれて失敗例ばかり表面に出てきているようですが、探してみると成功例も多数ある事がわかります。もちろん手術のため100%成功する、副作用がまったく無いとは言えないようですが、視界が良好になって快適な生活を送られている方も沢山居るのです。成功例を多く見てみたり、どのような理由で成功されたのかを調べてみる事をおススメします。成功した方や失敗したと感じた方には特徴があるようです。

 

まずは失敗したと感じる方の特徴ですが、過矯正である場合も多いと言われています。視力はアップすればする程良いと勘違いしてしまいますが、実はそれ程アップすると逆に日常生活に支障が出るケースも見られるのです。2.0の視力が裸眼で得られている方というのは殆ど居ないはずです。学校での視力検査でも2.0が得られていた方は殆ど居なかったという記憶があります。多くの場合日常生活でこれほどまでの視力は必要せず、見えすぎてしまうと頭痛やめまいなどを引き起こす可能性もあり注意しましょう。

 

成功したと言っている方は、信頼できるクリニックで、その方に合った見え方を調整してもらったケースが多いようです。単に視力だけをアップする事を進める医師は注意したほうが良いでしょう。リスクや見え方、副作用などもしっかりと説明してくれるクリニックを選んでみて下さい。

関連情報

アイデザインレーシックについて・・・話題のオーダーメイドレーシックとは?人気のクリニックや費用などの情報サイトはこちらです。